思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

やっぱりすごい!来てよかった「美ら海水族館」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

世界最大級の美ら海水族館

【沖縄三日目】

三日目、沖縄といえば世界最大級の水槽のある美ら海ちゅらうみ水族館へ。

水族館のヒロイン、目玉は、全長8.7メートルもある「ジンベイザメ」とエイの「ナンヨウマンタ」。

世界最大級の水槽を見上げてその姿を見る。

ゆうゆうと泳ぐその姿に圧倒される。
水族館というより、見ている側が海に入っているかのような錯覚を覚えるほど、広く大きい水槽。

世界最大級の水槽、日本の技術ってすごい。

みんなどんな気分で泳いでいるのか?

強面のジンベイザメ君、歯を見せて笑うことってあるのかな?などとバカなことを思いながら、笑った顔を勝手に想像してひとり笑い。

外見は必ずしも性格と一致せず、迷惑千万?



ジンベイザメの周りを大きさ、形がマチマチの幾種類もの魚達が回遊している。

小魚が集団で泳ぎ回っているから、いつでも餌にできる環境下。

水槽を見上げている限り、大きな魚が小さい魚を餌にする場面には出くわさない。

ジンベイザメやナンヨウマンタ(エイ)の餌は何? 食事の時間は、回数は?

あれだけ大きい魚体だと一度に食べる量も半端じゃないでしょう!

そして、食べれば出てくるものも大量でしょう!

水槽のお掃除も大変でしょう?

いくら海の水を循環させているから、といってもガラスはお掃除必要ですよね。

我が家は建てた当初、もっと広ければなあ!などと思ったこともあったが、手入れや管理のことを思うと十分すぎる広さに思える老後。

「年月が経つ」ということはある意味残酷でもある。建物も住人も同じく老化する。




イルカショウ

この黒い巨体は、置物ではありません。

本物のイルカ君が、ご挨拶で「ようこそ」ポーズを取っているところです。

なんだかナイキのロゴマークみたい。

イルカショウがちょうど始まるので見学。

イルカは頭がよくて愛嬌があってかわいらしくて癒し顔。

飼育員さんと 息の合った芸。

飼育員さんは、イルカをショウにデビューさせるまで、どれだけの年月を費やしているのか?
繰り返し、繰り返し、ひたすら根気よく続ける、イルカも飼育員さんも。

そして、一つの芸ができるたびにご褒美として餌をもらう!これは、イルカが一人前になってショーをしているときも変わらない。

このことは、イルカだけでなく人間の子育てにも必要ですね。

ご褒美は、言葉であったり、物であったり・・・ 心に思っていても、態度で示さなければ相手に伝わりませんから。

首里城公園

ここは、修学旅行生が多く大変にぎわっていました。

沖縄 一日目へ戻る




この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2017 All Rights Reserved.