思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

花香るパラダイス、信州なかのバラまつり

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

信州なかのバラまつり

平成28年5月28日(土)~6月12日(日)
中野市一本木公園(一本木)495-6
TEL 0269-23-4780

2016-05-26 030

一本木公園に行ったのは5月26日。
今年の「信州なかのバラまつり」開催期間は、5月28日から6月12日だが、今年のバラの咲き具合が例年より一週間ほど早い、ということもあり21日からプレオープン。

一昨年見に行ったのはバラまつり期間の半ば、そして天候の関係もあってか花が散りかけていた。

今年は、プレオープン中ということもあり、早すぎるかなと心配したが丁度見ごろだった。

朝方ということもあり、あたりはバラのさわやかな甘い香りがほのかに漂い、まるで絵本の中に出てくるお花畑のよう。

園内はご近所の犬の散歩をされている方など、人はまばらでバラの花を撮るにはもってこい。

 



美の競演

オンリーワン のバラたちが咲き誇る。  

2016-05-26 019

大きいバラ、小さいバラ、さまざまなスタイルと表情のバラ、バラ、バラ。
花香る非日常的ではなやか空間は、パラダイス。とても離れがたい。

 



この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2016 All Rights Reserved.