思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

新緑まぶしい千曲川河川敷風景

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

のどかで開放感のある千曲川界隈の春

春は霞んで鮮明に見えないことが多いですが、

残雪の北アルプスがキレイに見えます。

広い河川敷に生えている木は、木本来の樹形で成長し、

また、電柱や人家等に邪魔されず、自然だけに浸れる風景。

四季折々に楽しめて、何度も来たい好きな場所。

昔懐かしい風景のような、なにかのんびりできる場所。

畑の中に「土」アート発見!

一瞬に目を奪われた光景。

広~い畑キャンバスにストライプのアート。

描かれた線が美しい!

周りの新緑の柔らかな黄緑色と、これから作物を

生産しようとする土の対比がおもしろい。

トラクターを操った方は、なかなかのアーティスト

「畑の中の道?」のような?

農機具のアタッチメントを変えられるのかな?

農家の方の「土を愛する」気持ち、

「農業を楽しみ」ながらされている様子、

そして「この道のベテラン」な方と想像します。

河川敷のやわらかな土の畑も、これから農作業本番を向かえます。

先ずは、作物を植えるための土作り

河川敷で見た「ミニアート」

この、種を蒔いているであろう方の姿に、

ミレーの「落穂拾い」を思い出しました。

千曲川堤防の上から河川敷を眺めていたら、

桃の木?のが、実物の木よりも目だち、

まるで元気に踊っている生き物のように目に映りました。

上を見上げれば、風にゆれている若葉がまぶしい。

広い青空を飛行機が、

鮮明に二本の線を描いて飛んでいました。

飛行機の乗客は、旅行?ビジネス?冠婚葬祭?

 

今この時、日本中、世界中の人々が

いろいろな思いで生きている生活は、

計り知れません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2018 All Rights Reserved.