思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

これ、何て読む?「今帰仁城跡公園」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

今帰仁ナキジン城跡公園

【沖縄二日目】

世界遺産・国指定史跡

ホテルから少し足を伸ばし車で観光めぐり。

この城跡の石組みは、3種類すべて見れる。

3種類とは? ①野面積み ② 布積み(豆腐積み) ③ 相方積み(亀甲乱積み)

この今帰仁ナキジン城跡は、世界遺産・国指定史跡。

今は、コケの生えた古めかしい石積のみが当時の反映を偲ばせる。

この城跡のとりでの石積みは、曲線にうねっており、中国の万里の長城を思わせる。

ホテル近辺を散歩する

ホテルビュッフェからすぐ散歩道に通じる。

散歩道を歩きながら、マングローブの木や南国らしい景色を楽しむ。

海は澄んでとてもキレイ。

夏ならこのキレイな海に入っている。

波打ちぎわに細かい珊瑚の破片(波に洗われて角は丸め)が打ち寄せ、砂浜は白く明るい。

潮の空気を一杯吸い込み気持ちが良い。

朝市

朝市はホテル入口で沖縄色豊かな海産物、漁協直の海ぶどう・アオサやお菓子類、サーターアンダーギー・ちんすこう、黒糖、色鮮やかな南国フルーツが盛り沢山。

遊覧船で沖縄の海を走る

遊覧船に乗って周りの景色を楽しむ。

シーズンオフのウィークデイだったため、乗船までの待ち時間がほとんどなくラッキー。

海で泳ぐことはできないが、なにかしらメリットはある。

泊まったANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの全形を、船上から始めて確認できる。

さわやかな風を浴びながら、時に水しぶきを受けながらの遊覧。

20分の遊覧だが、かなりのスピードで走行していたので充分回りきれる。

たそがれ前の空き時間、しばしパターゴルフを楽しむ。

沖縄三日目




この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2017 All Rights Reserved.