思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

千曲川界隈たそがれ風景

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

初夏の陽気で、夕焼けも熱く燃えた夕暮れ時

2018年4月22日(日)

千曲川の堤防から臨む風景

連なる山々が、まるで貼り絵のように幾重にも重なり、

沈んだ夕日の残照が、川面をやさしいピンク色に染める。

夕日が眩しかったとき、周りの景色は

一様に黒く影をひそめていた。

まぶしかった夕日が沈み

目が夕暮れの明るさに慣れてくると

徐々にあたりの草木の姿が見えてくる。

まるで「夕焼けに染まった広大なサバンナを、

群れをなしてゆっくり歩くキリンの姿」

そんな子供の頃テレビで見た光景を連想してしまう。

 

木の幹と枝のシルエットだけが、夕日に映える。

 木々の葉が繁茂する頃には、

見れなくなってしまう光景である。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2018 All Rights Reserved.