思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

おのぼりさん日帰り二日間 2016皇居春の一般公開

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

皇居 春の一般公開

【情報】2017年春の皇居一般公開は、樹木植替え工事のため中止。

2016.3.25(金)~4.3(日)
AM10:00~15:00

3月29日(火)一回目、姉と行く「春の皇居一般公開」

まだ桜の花にはやや早め。
咲いている木は少なく、つぼみの木が目立つ。

警備が厳重。参入前には、荷物検査とボディチェック。

開場を今か今かと並んで待つ。

皇居「坂下門」から参入

例年より開花が遅いということで、急遽4月3日まで三日間の延期。

「乾通り」(天皇家のお住まいである吹上御所エリアと皇居東御苑(皇室所有の庭園)をはさんだ通り)の桜並木はつぼみ状態が多く、チョット期待はずれ。
通り一杯の人波は、つぼみの前は流れがスムーズであるが、咲いているところはすぐ人だかりとなる。

お店のセール売り場とそうでないところとよく似ている(^_-)-☆

「道灌濠」のソメイヨシノ。 濃いピンク色した固いつぼみが多く、咲いていたのは一部で残念。

乾通り出口は、乾門(イヌイモン)」

乾門を出てから人の流れに沿って左へ、辺りを散策する。

街路樹の桜が咲いていた。キレイ(^.^)/~~~

早咲きの桜が満開だったり、菜の花の黄色が鮮やかで辺りを明るくしている。

遠くに、国会議事堂や永田町の高層ビル群が霞んで見える。

桜の名所「千鳥が淵公園」の桜はまだつぼみ。

千鳥が淵公園は、もう少しだけ静かなときを過ごす。

引き返し、東京駅方面へ向かう。

4月1日(金)二回目、娘&孫と行く「春の皇居一般公開」

3月30日のテレビニュースで、「今年の桜の開花は遅れているので、皇居一般公開を4月1日から3日まで延期する」旨を知る。

来年2017は工事のため、春の一般公開はしないということもあり、娘と春休み中の孫の都合も良かったので即行くことを決定。

自分自身、東京には明るくないが、3日前姉と行っていたので、おのぼりさんでも下見済みであるので、スムーズに動ける。

旅行会社は、皇居一般公開の日程延期が急なことで、ツアーを組むのには合わないだろう、きっとすいているに違いない、との予想通り29日よりかなり人出は少なかった。

三日経たって、桜の花もだいぶ開花し、ようやくお花見気分を味わえる。



こちらは、東御苑入口の一つ「大手門」

江戸城の正門。現在の大手門渡櫓は1968年(昭和43年)に再建されたものらしい。

東御苑は、いつも入れるせいか、広いせいか乾通りほどの人混みは感じられなかった。

皇居東御苑側から皇居乾通り方面に目をやると、一方通行で桜見物をしている人の流れがよく見れる。

多くの見物客を眺める自分も見物客のひとり (^.^)/~~~

お堀の向こう側は、皇居乾通り

こうして気軽におのぼりさんできるのも新幹線と三割引で来れる「大人の休日倶楽部」(50歳以上で加入でき年会費3,770円・JR東日本利用に限る)のお陰。

「年を取るのも悪くないなあ」と思える数少ない瞬間である。

東京駅構内の広いこと、人の多いこと、沢山の人が急ぎ早にそれぞれの目的に向かって流れていく。おのぼりさんである私も、電光掲示板に目をやりながら動く。

日本全国から楽しみにしてやってきたおのぼりさんは、ここ東京駅から沢山の思いで、お土産と共に再び全国各地に散って行く。

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2017 All Rights Reserved.