思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

大温室のベゴニアガーデン

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

なばなの里内にある「ベゴニアガーデン」

なばなの里のイルミネーションが点灯前の外がまだ明るい時間帯に、「ベゴニアガーデン」に行ってみました。

ガーデンといっても、天井の高い巨大な温室ガーデン

こちらのベゴニアは、空調システムと潅水かんすいシステムにより、理想の環境で育てられ四季折々に咲き誇っているようです。

ワオー! 花が想像をはるかに越える大きさ!

お見事! ベコニア!

入った瞬間、圧倒されました。

一般的に花を見る視線は、普通の姿勢で見れますが、ここベゴニアガーデンのベゴニアは、その規模が桁外れに大きく、しかも天井から吊るされいるので、見上げるようになります。

もちろん、遠くから眺める分には見上げる必要はありませんが。

きれいはな花は、近くで観賞したいですから・・・

それに普段見ることのない珍しい種類のベゴニアがキレイに咲誇っています。

ベゴニアの他にも珍しい植物が一杯!!

どれもこれも伸びやかに育っている。

さいごに

このガーデンに入ったら、くしゃみ連発そして鼻水が出るのでは?と花粉アレルギーなので心配しましたが、杉花粉ではないので全く問題ありませんでした。

外の寒さをすっかり忘れ、暖かな温室内で、一歩早い春に出会えた感じがしました。

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2019 All Rights Reserved.