思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

西伊豆、堂ヶ島クルーズで国の天然記念物に指定されている洞くつ「天窓洞」に・・・

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

二日目、先ず目指すは「堂ヶ島」!

伊豆の宿「いさり火」を朝8時半に発ち、西伊豆の「堂ヶ島」に向かう。

ここまでは、予定通りの出発だった。

宿を出て10分位車で走ったところで、泊まった宿から携帯に電話が入る。

えっ!忘れ物?金庫の中も部屋の中もみんなで確認したはずなのに・・・

「クローゼットに上着3点の忘れ物がある」との連絡。

梅雨時期で、雨が降ったときのために、はおるものを持って来てたのに、外の好天にすっかり忘れてしまっていた。

親切な連絡にすぐ引き返す。

宿の方は、客が発ってすぐに部屋の点検をしてくれたのだ。

その早い対応に、そのプロ意識に、感謝である。

「千貫門クルーズ」は定員だったので、すぐ乗れる「遊覧船」に変更!

予定では、10:30発の「千貫門クルーズ」に乗船予定だったが、一足先に中国からの団体さんで定員となり断念。

忘れ物をしなかったら・・・と後悔が残る。

「千貫門クルーズ」50分コースはあきらめ、コースの時間が短く回転の早い「遊覧船」20分コースに乗ることとする。

クルーズ船で、いくつも点在する島々を、さわやかな潮風をあびながら巡る!

天候に恵まれ、さわやかな潮風を思いっきりあびながら、いくつも点在する個性ある島々をクルーズする。

堂ヶ島で一番のスポット!! 「天窓洞」は国の天然記念物!

堂ヶ島で最も楽しみにしていた「天窓洞てんそうどう」入口は、島の岩肌が波により削られトンネル状態になったところ。

波により侵食された島の岩肌が、目の前に迫る場面もあり、迫力満点!

堂ヶ島クルーズのクライマックス「天窓洞てんそうどう」に入る。

丸く開いた天窓から太陽の光が射し込み、海面は美しいエメラルドグリーンに輝く。

まさに神秘の世界である。

太陽の恵みは、ここでも発揮している。

天候に恵まれラッキー!!

国の天然記念物に指定されているだけの見ごたえである。

途中、水上オートバイに乗った若者数人と出会う。

そのうちのひとりが、さわやかに手を振ってくれた。挨拶されるって気持ちがいい!!

広い海を意のままに走れる水上オートバイは、もっともっと冒険できておもしろいんでしょうね(^・^)

島の上を低空飛行している 飛行機の形をしている雲が 現れる !

島は、切れ味の良い包丁で切ったかのような断面を思わせる不思議な島。

緑のカツラ?をかぶったような島。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2017 All Rights Reserved.