思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

錦鯉が泳ぐ庭池のある宿

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

日光東照宮前泊の宿、栃木市柏倉温泉「太子館」

2019年6月14日泊「太子館」宿の近くは、自然が一杯でとても閑静なところ。

ネット検索では分からなかった庭池

ネット検索では庭池があるのが分からず、行ってみてビックリ!

広い庭池には、沢山の錦鯉が・・・

池面にいくつもの小雨の小さな輪、そして時折錦鯉が跳ねて作る大きな輪。

泊まった部屋は離れの「蔵」

泊まった部屋の中は古民家風で、天井は高く太いはりが使われていました。

梅雨時期のせいか?蔵造りで窓が少ないせいか?

部屋にさわやかな香りはしませんでした。

宿の印象

日光東照宮メインの旅行の前泊宿は、木々に囲まれたとても静かなところ。

春だったら鳥のさえずりが、夏だったらせみの元気な声が聞こえてきそうです。

敷地が広い割には部屋数は6部屋と少なめで、どれも離れ形式のようで、プライバシーが守れる宿でした。

ワイドなガラス越しに、食事をしながら眺められる広い池、そしてそこで泳ぐ錦鯉の光景が何より目を引きました。

それに加えて、宿泊料金がリーズナブルなのも魅力でした。

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2019 All Rights Reserved.