思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

江ノ島展望灯台から360度の眺め

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

二泊三日の旅最終日は、江ノ島へ。

サムエル・コッキング苑

サムエル・コッキング苑は、イギリス人サムエル・コッキング氏が別荘の庭として明治時代に造園したもの。

なんでイギリス人が?

サムエル・コッキング氏は、貿易商で横浜にコッキング商会を創り富を得た!?

奥さんは日本人、それが関係するかは定かでありませんが、苑は和洋折衷。

360度見渡せる展望灯台(シーキャンドル)

展望灯台からは、グルッと360度の視界。

すごい数のヨット、水上バイク。

さすが湘南の海。

気持ちいいんでしょうね!潮風をうけながら広い海を意のままに走らせ・・・

せっかくの視界も、「青い海原に白いヨット」のさわやかな夏のイメージからはかけはずれて、モノトーン調の落ち着いた眺め。

そうよ、今は梅雨の時期、ここは雨が降らなかっただけよかった!と思わなくっちゃ、ね。

これから夏本番。

湘南の海は、全国から集まる若者たちで、よりいっそうにぎわいを増すのでしょう!

仲見世通りをぶらり楽しみながら、坂道を下って行く

古びた鳥居、鳥居といえば赤が多いなかで青銅製のは珍しい。

青銅の鳥居の先は、歴史を感じさせる細い道、弁財天仲見世通り

食べ歩きグルメもいろいろあり。

なかでも、きゅうり一本の串射し200円には、アッと驚く!

今までは大抵100円が相場だった。

都会では、こんな高くても売れるんだ!?

このような通りの光景は、日本の観光地、温泉地でよく見かけるなぁ!

温泉地なら、下駄ばきで涼みながらブラリ歩いたり・・・

店頭に並んでいる品こそ違うものの(食べ物以外は結構同じ商品がある)、何か懐かしい感じがする。

両側に並ぶお店をのぞきながら、江ノ島らしいお土産を選ぶ。

車内の暑さに強い、日持ちの良いものを・・・

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2017 All Rights Reserved.