思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

桜並木に導かれ行った先には「経蔵」が、ひっそりとたたずんでいました!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

遠目からもピンク色のかたまりがひときわ目を引く!

2018年4月10日

桜並木の木漏れ日のなだらかな坂道。

ゆっくりあるいて5分ほど上って行くと、

想像をはるかに越える美しいサクラが満開。

そしてそこには「開善寺経蔵」がありました。

「開善寺 経蔵」の立て札。

枝垂れた枝の花と若葉の競演

サクラの早いものは、やわらかな若葉をつけ、

それが日に照らされ一層キラキラと輝く。

優しいサクラの花のピンク葉の萌黄もえぎ

コントラストが美しい。

この小さな経蔵は、ややもすると華やかに降り注ぐ

サクラの花に隠されてしまう。

1年の中で最も華やぐ時かもしれない。

周りから聞こえるものといったら・・・

鶯などの鳥の鳴き声が山から聞こえるほか、

風の音もなく春の日差しが射す、実にのどかで平和な時間。

日本の美の世界を絵画でなく、

自分の目で実際に鑑賞できる喜び!

額縁のアングルを変えると、

幾通りの名画がとれるのだろうか。

静かな山里を刺激するジェット機の音。

空を見上げると一本の飛行機雲が、

サクラ並木と平行にキレイに描かれていました。

電線にすずめが留まっているようにも見えた飛行機雲。

経蔵がある場所からの眺め。

遠く残雪の山々と松代町が望めます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2018 All Rights Reserved.