思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

日本の原風景に、今年も実りの秋がやって来た!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

信州 千曲市にある
姨捨おばすての棚田」を散策

前回姨捨の棚田を訪れたのは、今年の田植えが終わった頃の6月13日。

あれから、今日9月18日までおよそ3ヶ月余り。

棚田は一面黄金色に実り、時折吹く風に実った稲の頭は重そうに揺れていた。

【参考】ブログホットビュー

今年の夏の異常気象、酷暑にも負けず棚田は、どの田んぼも見事に黄金色に輝いていた。

稲刈りを終えて、はぜかけに干してある田んぼ

最近のお米は、コンバインで稲を刈り取ると同時に乾燥させてしまうのが多いようですが、天日干しは、やはりあこがれのお米。

どうやら、稲刈りを済ませていたのは、地元の農家の方らしい。

9月に入って雨の日が多い今年。

地元の方だったら、晴れ間をぬって仕事を進めるメリットも。

歴史を感じさせる石。田んぼの守り神?

黄金色の中に、ピンクや白の優しそうなコスモス。

凛とした真っ赤な彼岸花。

彼岸花が咲き始めていました。

9月15日~17日(敬老の日)の3連休初めは、あいにくの雨降りだったので、棚田の遠方のオーナーさん方々は、次の9月23日秋分の日を挟んだ3連休に、稲刈りされるのかな?

のどかな棚田の脇を流れる水の音

傾斜のきつい土地を階段状に切り開いてできた棚田。

その稲作に欠かせない水。

棚田の間の坂道を歩いていると、流れる水の音がする。

田んぼの脇の用水路には、田植えの後でもないのに、水が音をたてて流れている。

時折聞こえてくる鳥の鳴き声以外は、何も聞こえてこない静寂な棚田で聞く貴重な音。

この棚田の上には、水が湧き出てくるような山らしいものは見当たらない。

どこから水が流れて来ているのか摩訶不思議!

と思っていたら、上流に水源となる「大池の湧水」というのがあるらしい。

次回行くときは、是非水源の湧水を見てみたい。

下の駐車場から棚田を上がって行く

今までは、ここより上にある「姨捨観光会館」の駐車場に車を停めていたが、今回は下の駐車場から行ってみることに・・・

棚田を下から見上げるとこんな感じ。

ここ姨捨おばすてから眺める景色は最高!!

棚田の眼下手前は「千曲ちくま市」、奥の方に「長野市」が見渡せる。

晴れた日の夜には、これら市街地の明かりが絶景となる。

特にこの棚田の少し上にある姨捨おばすて駅から眺める夜景は、有名。

この夜景は、2017年7月末に長野自動車道 姨捨サービスエリアから撮った写真。

街灯が点いて間もない黄昏時。

姨捨サービスエリアからの夜景。

もっと暗くなると街の明かりは、その輝きを増してくる。

ちなみに姨捨駅には、ここ棚田からも上に歩いて20~30分程で着くことがでる。

最後に

私の好きな田園風景、田んぼ。

水をはった田植え前の田んぼに、近くの家の灯りが水面に映って何ともメルヘンな世界。

田植えの後、そよぐ風に優しく波打ってキラキラと輝く苗は、毛足の長い絨毯じゅうたんのよう。

夜通る道、「ゲロゲロゲロ」と天下を取ったように元気に輪唱するカエルの鳴き声に、田んぼのあることを知らされる。

自然に左右される稲作、今年の稲の収穫の塩梅はどんなか?

待ちに待った楽しみの時である。

天日干しの稲が、はぜ掛けから姿を消すと間もなく、信州は長く寒い冬を迎える。

こんなささやかな身近なことにも、毎年巡ってくる平和な季節を実感している。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2018 All Rights Reserved.