思い出と共にいやされる、 そんな一枚一枚が宝物

「紅葉&黄葉」最高にキレイ! 改めて心打たれる日本の秋!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

いいお天気に誘われて・・・

今日は、風もなく暖かな小春日和。

お出かけの帰り道、いいお天気に誘われて、紅葉スポットに寄ってみましました。

ウィークデイのためか人はまばらで、静かに紅葉を愛でることができました。

ここ、長野市松代まつしろ町にある象山ぞうざん神社」、特に学問・知恵の神様で知られています。

そう広くない駐車場は、神戸、春日部、静岡などの県外車でほぼ満車状態。

今日は、2017年11月9日(木)大安。

ウィークデイと言うこともあり、人ではまばらでしたが、七五三親子連れが二組ほどみられました。

どこをモチーフにしても”絵”になる紅葉。日本の秋は本当に美しい!

りんとまっすぐに伸びた青竹優雅に枝垂しだれたモミジの暖色系グラデーションの対比が素晴らしい!!

春に咲くサクラの花は、一本の木でほぼ同じ淡いピンク一色。

それに比べ、秋の紅葉は一本の木でもグラデーションでいろいろな表情が味わえます。

特にモミジは、見る日によって、その色は変化していくので楽しみがいがあります。

あまりの美しさに、釘付けとなり、時の経つのも忘れてしまいます。

美しい黄葉に目を奪われ、上ばかり見ています。 足元注意

傾き始めた日差しを浴びて、黄金色は一段とキラキラ度を増して輝いています。

神社内の様子

池に浮かぶ 「無事カエル大明神」 の前には、餌ならぬお賽銭箱が置かれています。

アジサイの花が、11月だというのに枯れもせず、まだ咲いていました。

さすがに、ちょっと疲れた色をしていましたが・・・

象山ぞうざん神社の 「御神木のもみじ」 紅葉のピークは過ぎており、下は一面落ち葉が降り積もっていました。

落ち葉の上を歩くとシャカシャカと音がし、また薄っすらと枯葉の匂いも感じられます。

最近は、数多くのブレンドされた葉茶が出回っていますが、どこかそれにも似ているような~?

鶏頭の花が、もみじの紅葉とかなでるのを待っていたかのように、葉が落ちた後もけなげに頑張って咲いていました。

ちょっぴり寒そうですが、背筋をシャンとして、なかなか個性的ですね (*^^)v

城下町の一角にある象山神社界隈

あるじのいない空き家になった庭。

風のない静かな池の水面みなもに、紅葉したモミジが日の光を浴びて反射しています。

まるで日本画の世界です。

古池のおだやかな水面を眺めていると、モネの「睡蓮」の絵と重なってきました。

池に浮かぶのは「睡蓮」でなく「落ち葉」で、日本のわび・さびの世界ですが・・・

ちなみに、モネ風のこの写真は、今回の紅葉写真の中で自分が一番気に入っている写真です。

池の中は、まるで油絵のタッチ!に見えます。

雑草の上には、すでに散ってしまったモミジが堆積して、クッションのような踏み心地でとても気持ちよい。

小さなモミジの木は、種が飛んで自生したのでしょうか。

季節になると、ちゃ~んと美しく紅葉して見る者を楽しませてくれます。

手入れのされていない庭は、ひっそりとして木々が自由に生い茂り、その自然の美しさかれます。

栄枯盛衰えいこせいすいを感じます。

まとめ

日本の秋、あちらこちらで紅葉もみじ狩りが楽しめます。

生きる人の環境はさまざまですが、目に映る美しい紅葉は一様に同じです。

キレイな紅葉を眺めて心いやされ、一段と今の「平和な国」にいれる幸せを実感しています。

そして、いつまでもこの美しい四季が愛でられる日本でありますように・・・

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ごくごく普通の主婦で、ごくごく平凡な日々を過ごして来た、と自分では思っています。 子育てが終わり、仕事を辞め、ようやく時間や気持ちにゆとりが出てきた時には、人生の半ば以上が過ぎていました。 時間に縛られずにいれることで、日々の暮らしのなかに、今まで気付かなかったこと、また今まで気付いていても時間に追われて、なかなかできなかったことなどを、気の向くままに書き綴ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の時間を楽しめるようになったのは、

第一段階:子育てが一段落したとき:気分転換程度。

第二段階:仕事を止めたとき:現在。

 

今まさに第二段階。

今までしてきた写真、油絵、洋裁、お菓子作り、庭いじり、ジム通い等を、好き放題に再開。

 

毎日、好きなことができる幸せ

フルで勤めていた頃よりも忙しい

なにせ自分の好きなことを、好きなだけ自由にできるのだから楽しい

 

ただ、よくないこと、時間を忘れてしまう。

その結果、生活サイクルが超乱れてしまう。

 

もう若くはないのだから、少しづつ健康的な生活サイクルにしなければ・・・

 

kosumosu

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 心に残る一枚 One piece to remember , 2017 All Rights Reserved.